• TEL:049-237-6226
  • お問い合わせ
  • 販売店専用ページ
お電話

研究機関との取り組み

HOME > 研究機関との取り組み

埼玉大学との共同研究結果

C-Mixの特長である「均一性」 「吸い上げ」の証明を埼玉大学へ依頼。
羽根と比較してC-Mixの優位性が証明されました。

実験方法はこちら

均一性

C-mixの穴からは噴流が放出され、その噴流が流体に振動を与えている。流体は底面の隅にまで到達し、底面上を中心付近まで移動。再び吸入流に乗り、C-mixに帰る。この循環が槽内全域で起こっている。
シミュレーション動画

C-Mix

90 degree blade

槽の隅に着目

C-mixから放出された流体は槽壁面に到達後、下降し、底面の隅にまで到達していた。
そこから底面中心部に向かい、再びC-mixに吸入される。
このことからCmixの方が槽内の隅々まで撹拌するには向いている。

撹拌機位置 22.5cm(底面からの高さ)
  C-Mix 90 degree blade
250rpm

t=180[s]

t=180[s]

350rpm

t=60[s]

t=60[s]

撹拌機位置 15cm(底面からの高さ)
  C-Mix 90 degree blade
250rpm

t=60[s]

t=60[s]

350rpm

t=60[s]

t=60[s]

吸い上げ

上昇流の強さでは、C-mix、羽根の順に強いことを確認。
羽根では上下両方向から吸入があるが、その吸入はC-mixのそれに比べ弱い。
C-mixではその強い吸入と放出される噴流によって広い範囲での循環が作られている。
シミュレーション動画

C-Mix

90 degree blade

底の溜まりに着目

それぞれの撹拌子について15分間運転し、底に沈殿する粒子の挙動を観察した。
回転数と高さが同じ条件であれば、C-mixが最も沈殿を防いでいる。


【Time, t=15min~15.5min】

撹拌機位置 45cm(底面からの高さ)
  C-Mix 90 degree blade
350rpm
450rpm
撹拌機位置 22.5cm(底面からの高さ)
  C-Mix 90 degree blade
250rpm
350rpm

吸入流と底面の粒子挙動に着目

90°翼では上下両方向から吸入があるが、その吸入はC-mixのそれに比べ弱い。
C-mixではその強い吸入と放出される噴流によって広い範囲での循環が作られている。
また、C-mixでは絶えまない吸入により上昇流が常に起きているが、90°翼では上昇流が途絶え下降流に変化することもあり、底面の粒子が中心に向かうものと、外側に向かうものが存在する。


【250rpm】

撹拌機位置 15cm(底面からの高さ)
  C-Mix 90 degree blade
t=50[s]
t=55[s]
t=60[s]
t=65[s]
t=70[s]
t=75[s]

お問い合わせはこちら